« ゲット スマート | トップページ | ゼン&ナウ〜ライフタイム・ベスト »

2008年10月26日 (日)

三国志 第1巻

『三国志 第1巻』
宮城谷 昌光 (著)
文春文庫

この三国志は一味違う。三国志といえば黄巾の乱、桃園の誓いあたりから始まり、一騎当千の英傑たちが縦横無尽に戦場を駆け巡る、そんな世界だと思っていた。しかし、この三国志は後漢の時代、曹操の祖父の時代から始まる。

この物語の最初の章のタイトルは”四知”である。”四知”とは後漢の政治家である楊震の言葉で、”天が見ている、地が見ている、あなたも見ているし、私も見ている”、だから、誰も見ていないだろうと悪いことをしてはならない、という意味だ。

しかし、楊震も、李固も、そのほか大勢の正義のひとたちは、王朝に食い物にする魑魅魍魎によって駆逐されていく。滅びゆく王朝のあり様が克明に描かれており、じっくりと楽しめる物語になっている。

・・・蛇足だが、私は、”四知”という言葉は北尾吉孝さんの本を読むまで知らなかった。北尾吉孝さんの本を読まなければ、この三国志に興味を示すことはなかっただろう。こうして読書の幅が広がるのは、悪くない。


« ゲット スマート | トップページ | ゼン&ナウ〜ライフタイム・ベスト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国志 第1巻:

« ゲット スマート | トップページ | ゼン&ナウ〜ライフタイム・ベスト »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ