« ある意味、アメリカは潔い | トップページ | 最近、小泉今日子が元気だ »

2008年9月17日 (水)

信長の棺

『信長の棺』 (上)(下)
加藤 廣 (著)
文春文庫

本能寺の変、見つからなかった信長の遺体の謎をめぐり、『信長公記』の著者である太田牛一をタンテイにした歴史推理小説。

信長の遺体はどこに消えたのか? 本能寺の首謀者は誰か? そして秀吉の出生の秘密まで、この小説では扱っているが、しかし、あくまで”推測”の域を出ていない。歴史タンテイとは客観的事実を積み重ねていくものだというのが私の持論でもあるので、その観点から言えば、案外ありえるような推理にも見えるが、あまりにも主観的でご都合主義的にも思える。

しかし、そういう虚構を積み上げて小説に仕立てたものととらえるのであれば、小説としては上出来だと思う。


« ある意味、アメリカは潔い | トップページ | 最近、小泉今日子が元気だ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信長の棺:

« ある意味、アメリカは潔い | トップページ | 最近、小泉今日子が元気だ »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ