« ゆめつげ | トップページ | 二人道成寺 »

2008年9月 4日 (木)

対話篇

『対話篇』
金城 一紀 (著)
新潮文庫

真っ白な表紙に少し上質な紙を使ったカバー、文庫としては贅沢な作りだが、贅沢さは外見だけではない。

3つの短編集だが、それぞれ”死”というものを間近で感じている主人公と、愛するものを失った相手方との対話が軸となっている。自分そのものの喪失、愛するものの喪失、それに向き合うことで生まれる物語。どれもが心に沁みてくる。


« ゆめつげ | トップページ | 二人道成寺 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対話篇:

« ゆめつげ | トップページ | 二人道成寺 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ