« GUNDAM A | トップページ | 悪党たちは千里を走る »

2008年9月27日 (土)

千々にくだけて

『千々にくだけて』
リービ 英雄 (著)
講談社文庫


9.11。その日、私が会社から帰ってテレビをつけたら煙を上げているビル、そして航空機がビルに突入する場面が写し出されていた。私は状況がまったく理解できなかった。

この小説は、ちょうどその日、アメリカ行きの航空機に乗っていた主人公は、中継地のカナダで、アメリカにも入国できず、そして日本にも帰れない、という状況に陥る。

かの国には彼の家族が待っているが、しかし、彼の内情は複雑だ。どこにもいけない、どこにも受け入れられてもらえない、居場所がない。




« GUNDAM A | トップページ | 悪党たちは千里を走る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千々にくだけて:

« GUNDAM A | トップページ | 悪党たちは千里を走る »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ