« 凍える島 | トップページ | ジャズの鉄板50枚+α »

2008年9月11日 (木)

目薬αで殺菌します

『目薬αで殺菌します』
森 博嗣 (著)
講談社ノベルス

いつ森作品からオサラバしようかと、新刊が出るたびに思うのだけれど、”四季”が存在する物語には、何故か付き合いたくなる。
もちろん、この作品に”四季”は出てこない。しかし、この作品の中に”四季”は存在する。神のような沈黙をもって。その神の手のひらの中で、ひとはどのようにふるまうのか、ひとというちっぽけな存在は。

もはや、森作品は、ミステリィとは呼べなくなってきた。この物語もミステリィではない。断じて、ない。

しかし、ミステリィを期待しないのであれば、”四季”の物語として読みすすめるのであれば、森作品はまだまだ楽しめるような気がする。
そんな気がする、なんとなく。これからも、なんとなく森作品を読むのだろうなあ。


« 凍える島 | トップページ | ジャズの鉄板50枚+α »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目薬αで殺菌します:

« 凍える島 | トップページ | ジャズの鉄板50枚+α »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ