« 港町食堂 | トップページ | 北京オリンピック »

2008年8月15日 (金)

青春の逆説

『青春の逆説』
織田 作之助 (著)
角川文庫

”無頼派”オダサクの本を初めて読んだ。この本はタイトルが良いね。

まるで自意識のカタマリのような主人公である。青春とはそういう自意識との葛藤かも知れないが、しかし、哀れなまでに自意識と格闘している。
女性と手を握る度胸をつけるのに、100数えたり、それで手を掴んで”モノにした”というあたり、哀れすぎて笑ってしまう。

しかし、ラストはあまりにも急ぎ足だ。作者も主人公の自意識とつきあうのに疲れたのだろうか。


« 港町食堂 | トップページ | 北京オリンピック »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春の逆説:

« 港町食堂 | トップページ | 北京オリンピック »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ