« ガーディアン | トップページ | 演じられた白い夜 »

2008年8月26日 (火)

凡人として生きるということ

『凡人として生きるということ』
押井 守 (著)
幻冬舎新書

押井守というアニメ作家は、宮崎駿の対極として位置づけられることが多いが、この本を読んで、そんな印象が吹き飛んでしまった。
押井作品は、夢や希望というものよりは、どこか虚無感や閉塞感を感じるものが多い。きっと本人も厭世的なひとなのだろうと創造していた。
しかし、この本でみる押井守というひとは、極めて社会的な人間であり、またまっとうな思想を持つひとであるように思えた。

この本をひとことで言うと、”オヤジになろう!”である。私はオヤジの欲望ほど見苦しく醜いものはないと思っていた。しかし、そこに”美学”というものが加わると、、、そこには”自在に生きる”というひとの姿が見えてくる。

そのためには、巷に溢れる”嘘”を見抜き、欺かれないこと、そして、”失敗”を恐れないこと。

これは、若者に読んでもらいたい本である。(って、私は若くないのか?)



« ガーディアン | トップページ | 演じられた白い夜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凡人として生きるということ:

« ガーディアン | トップページ | 演じられた白い夜 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ