« 北京オリンピック(その3) | トップページ | BEST FICTION »

2008年8月28日 (木)

野球の国

『野球の国』
奥田 英朗 (著)
光文社文庫

『泳いで帰れ』で味をしめて、奥田英朗の旅エッセイを読みまくっている。これはベースボールファンである作家による、野球をめぐる旅である。沖縄、四国、台湾、そして東北、広島、九州へ。

しかし、野球をかぶりついて観るのではなく、街を歩き、その街の映画館で映画を見、その街の食べ物を食べる。この作家の旅は心にゆとりがある。

この本を読むと、何だか自分も野球が好きになってくる。今年でなくなる広島市民球場にもいってみようかなあ、と思えてくる。
まあ、私は作家以上に出不精で、神宮にも横スタにも東京ドームにも野球を見に行ったことがない。広島くんだりまで行くんかい、って感じですが。


« 北京オリンピック(その3) | トップページ | BEST FICTION »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球の国:

« 北京オリンピック(その3) | トップページ | BEST FICTION »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ