« 近距離恋愛 | トップページ | ララピポ »

2008年8月 9日 (土)

ガーデン

『ガーデン』
近藤 史恵 (著)
創元推理文庫

今泉文吾タンテイの最初の事件である。『桜姫』を先に読んでいたので、そういう点では今泉文吾タンテイの成り立ちがわかって、感慨深い。

作者は、あとがきで、この作品を”恐れていた”と書いているが、その気持ちがわかるような気がする。
この作品の主人公は自意識過剰で、そして、強い”欲望”を隠しながら、しかし、それが露になることを望んでいる。作者は、この”欲望”(を描いたこと)が恐いのだと思う。

しかし、この作品を超えて行ったからこそ、今の作者があるのだと思う。そういう点でも、この作品を読んでよかったと思う。


« 近距離恋愛 | トップページ | ララピポ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーデン:

« 近距離恋愛 | トップページ | ララピポ »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ