« 凡人として生きるということ | トップページ | 北京オリンピック(その3) »

2008年8月26日 (火)

演じられた白い夜

『演じられた白い夜』
近藤 史恵 (著)
Jノベル・コレクション

新刊かと思っていたら、10年前に発表された作品だった。そう言われれば、雪山の密室、演劇(脚本)のとおりに起こる殺人事件、と、”らしくない”作品とも言える。
あまりにもあっさりと読めてしまったので、やや物足りなさを感じた。

私は、神内匠という人物に作者の男性観を私は観てしまう。決して自分に感心を示さず、それでいて自分を支配する存在。そういう疎外感に苛まれる女性、というのが彼女の女性観なのかもしれない。


« 凡人として生きるということ | トップページ | 北京オリンピック(その3) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演じられた白い夜:

« 凡人として生きるということ | トップページ | 北京オリンピック(その3) »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ