« ウケる技術 | トップページ | カクレカラクリ »

2008年7月 7日 (月)

こぼれる

『こぼれる』
酒井 若菜 (著)
春日出版

私の好きな女優、酒井若菜の第一作。彼女に小説を書かせよう、などと思い立った編集者に感謝、である。
しかも、近くの本屋に置いてあったのが、サイン本なのだから、買わなくてはならぬであろう。

モチーフになったのが”ルービクキューブ”というのが面白い。1面が揃っているからといって、すべての面がその色とは限らない、1面がキレイに揃っているからといって、ほかの面がグチャグチャになっているかもしれない。”ルービクキューブ”というモチーフから発想を膨らませて物語を紡いでいった彼女の才能に感心した。

どうも、ゴーストライターではなさそうだが、そうであれば、第一作としては上出来も上出来。第二作をぜひ書いて欲しいと思う”作家”だ。


« ウケる技術 | トップページ | カクレカラクリ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こぼれる:

« ウケる技術 | トップページ | カクレカラクリ »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ