« ITエンジニアのための内部統制対応マニュアル | トップページ | 世間の評価、といふもの »

2008年7月18日 (金)

償い

『償い』
矢口 敦子 (著)
幻冬舎文庫

最近、イチオシの作家として、この作家の本を平積みしている本屋が多い、そのオススメ作が、『償い』だ。

ホームレスになった医師とかって彼が命を助け、そして独特の感覚を持つ少年。それぞれ心に傷を持つ二人、という設定は面白い。
物語の進め方も巧みだ。読者にミスリーディングを誘いながら、とんとん拍子にストリーが進む。

しかし、残念ながら、この本のタイトルであり、テーマであるはずであろう「償い」とはいったいなんなのか、全く説得力を持たない。この2人の対決があまりに淡白な印象が残った。


« ITエンジニアのための内部統制対応マニュアル | トップページ | 世間の評価、といふもの »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 償い:

« ITエンジニアのための内部統制対応マニュアル | トップページ | 世間の評価、といふもの »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ