« ブログを始めてちょうど2か月 | トップページ | 食い逃げされてもバイトは雇うな »

2008年7月24日 (木)

信長殺すべし

『信長殺すべし―異説本能寺』
岩崎 正吾 (著)
講談社文庫

近くの本屋でオススメ本になっていたので買ってみた。
歴史上のミステリの1つである、本能寺の変について、安楽椅子(いや、病院のベッド)タンテイが推理をめぐらす。

本能寺の変は明智光秀の単独犯だったのか、それとも黒幕がいたのか?
そして、その黒幕は?秀吉?家康?足利将軍?正親天皇?
そのひとつひとつの仮説を潰していき、そして、最後に浮かび上がったのは、、、

そのひとつひとつの仮説を潰していく過程はなかなか良い。しかし、最後がいけない。作者の郷土愛なのだろう、完全に見誤っているとしか思えない。
同じ理由であれば、家康こそが、”黒”であろう。この結論には、それを凌駕するだけの説得力はなかった。


« ブログを始めてちょうど2か月 | トップページ | 食い逃げされてもバイトは雇うな »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信長殺すべし:

« ブログを始めてちょうど2か月 | トップページ | 食い逃げされてもバイトは雇うな »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ