« 本屋について、雑感 | トップページ | 本を買う、といふ事 »

2008年7月14日 (月)

或る「小倉日記」伝

『或る「小倉日記」伝』
松本 清張 (著)
角川文庫

角川文庫の京極夏彦の本を売ろうフェアで復刻された本の一冊。松本清張の芥川賞受賞作(表題作)を含む短編集。

しかし、この短編集は、表題作『或る「小倉日記」伝』とそのほかの短編を比べると、趣が大いにことなる。
これらすべての短編に共通して言える事は、文学、もしくは学問というものにのめりこんでいくひとの姿を描いていることにある。

しかし、『或る「小倉日記」伝』の田上耕作とその家族は幸福であったが、そのほかの短編での人物たちは、文学や学問にのめりこんでいくあまり、彼らは孤独であり、独善的であり、そして周りの人間をも不幸にしていく。
このコントラストが心にしみる。

推理小説でない松本清張の著作は初めて読んだが、私は「点と線」などの推理小説の方が好きだなあ。


« 本屋について、雑感 | トップページ | 本を買う、といふ事 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 或る「小倉日記」伝:

« 本屋について、雑感 | トップページ | 本を買う、といふ事 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ