« グッド・シェパード | トップページ | ブログを始めてちょうど2か月 »

2008年7月22日 (火)

にわか大根

『にわか大根―猿若町捕物帳』
近藤 史恵 (著)
光文社文庫

朴念仁の同心を中心としたミステリィ。
この朴念仁の周りには、朴念仁より若い継母や、想いを寄せる吉原の太夫や、押しかけ女房(未遂)、歌舞伎の女形など、興味深い人間が取り巻いている。


吉原の雀とは?何故、一流役者が突如大根になったのか?そしてもう片方の陰とは?

物事は、違った角度から見ると、また違った姿を現す、このシンプルな鉄則で、このミステリィは成り立っている。決して派手ではないが、しかし、そのシンプルな鉄則が際立つ。

朴念仁を中心に添えたことがこの物語(シリーズ)を成功に導いている。


« グッド・シェパード | トップページ | ブログを始めてちょうど2か月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にわか大根:

« グッド・シェパード | トップページ | ブログを始めてちょうど2か月 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ