« スマイルズの世界的名著 自助論 | トップページ | コンサルタントの「質問力」 »

2008年6月 7日 (土)

適当論

『適当論』
高田 純次 (著)
(ソフトバンク新書)

今更ながら高田純次である。もうブームは去ったようだが。

この本は、(著)高田純次となっているが、正しくは、インタビューや過去の発言から、「高田純次とは何者なのか」を探る本である。高田純次の入門書としては十分だし、多分、もうこれ以上の知識は不要だろう。

高田純次の魅力とは、苦労人なくせに、それを微塵も出さず、説教くさくないことに尽きる。その代わり、世の中をおちょくっているようにも見えるが、そうやって自分と世の中との折り合いを上手くつけている、ということなのだろう。


« スマイルズの世界的名著 自助論 | トップページ | コンサルタントの「質問力」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 適当論:

« スマイルズの世界的名著 自助論 | トップページ | コンサルタントの「質問力」 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ