« サブプライム問題とは何か | トップページ | スマイルズの世界的名著 自助論 »

2008年6月 5日 (木)

アンフェアな月

『アンフェアな月―刑事雪平夏見』
秦 建日子 (著)
(河出文庫)

TVドラマ『アンフェア』は、私にとって、近年久々のヒット作であった。後半の辻褄の合わなさが多少気になったものの、篠原涼子の雪平夏見がハマり役で、最後まで十分に見ごたえのある作品であった。

TVドラマ『アンフェア』の出だしの部分が、『アンフェアな月』の前作、『推理小説』である。そして、小説はTVドラマとは違った展開を見せる。0歳児の誘拐、しかし、事件は思わぬ展開に発展。その展開に引き込まれ、一気に読んでしまった。

TVドラマ(映像)では、多少キャラの立ちすぎている雪平も、小説という物語の中では、また別の顔を見せる。その対比が面白い。

「死」というものは万人に必ず訪れるものだが、しかし、その「死」というものが自分の身にふりかかってきたものにとって、それをフェアなものとして受け止めることができるのだろうか。

「死」をアンフェアととらえる心が、悲劇を生む。


« サブプライム問題とは何か | トップページ | スマイルズの世界的名著 自助論 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンフェアな月:

« サブプライム問題とは何か | トップページ | スマイルズの世界的名著 自助論 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ