« 悪夢のエレベーター | トップページ | 高尾山 »

2008年6月13日 (金)

太陽の塔

『太陽の塔』
森見 登美彦 (著)
新潮文庫

副題「失恋男」。(勝手につけました。)

やや古風な感じのする文体ではある。それがこの失恋男の内面をズシリと表現しており、なおさらに哀愁なりおかしみを誘う。

まさに「宇宙遺産」という作品中の言葉がピッタリな「太陽の塔」。いびつで、幻想的で、なんだかよくわからないが、印象的で、壮大で、ゆるぎない。そういういろいろな要素をごっちゃにしたような、物語。

日本ファンタジーノベル大賞受賞作だそうな。ファンタジー、というよりは王道の純文学なのかも。
まあ、ヤバイ、ギリギリのところで踏みとどまっている感はファンタスティックではあるが。

解説は本上まなみ。”まなみ”号つながり?


« 悪夢のエレベーター | トップページ | 高尾山 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の塔:

« 悪夢のエレベーター | トップページ | 高尾山 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ