« イエスはなぜわがままなのか | トップページ | 雨の日も、晴れ男 »

2008年6月24日 (火)

床下仙人

『床下仙人』
原 宏一 (著)
祥伝社文庫

”やるせなさ”が漂う短編集である。
頑張って頑張って頑張って、それでも会社からも家族からも見捨てられ。
何かが間違っているんだけど、その”何か”がわからないまま流され漂っていく。

そういう姿が日本のサラリーマンの姿なのかもしれない。。。今、現在形で書いたが、どちらかというと過去進行形で書いた方が良いのかもしれない。

そういう中で、なんとなく最後に一筋の光明を見出すような「てんぷら社員」「派遣社長」「シューシャイン・ギャンング」といった短編が良い。


« イエスはなぜわがままなのか | トップページ | 雨の日も、晴れ男 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 床下仙人:

« イエスはなぜわがままなのか | トップページ | 雨の日も、晴れ男 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ