« 風味絶佳 | トップページ | 万歩計 »

2008年5月27日 (火)

いちばんさいしょの算数 (1)たし算とかけ算

いちばんさいしょの算数 (1)たし算とかけ算
橋本 治 (著)
ちくまプリマー新書

橋本治という作家は、当たり前のことをいかに当たり前かを伝えるのが上手な作家だ。
それは、「あなたは知っているようでわかっていない。」と暗に言っているのだか。

この本は、何故「1+1は2なのか」をとってもわかりやすく述べている。
1+1=2、2×2=4であることを、こんなにすっきりと説明できるというのはスゴイと思う。
1+1が2でよかったー、と思える一冊。





« 風味絶佳 | トップページ | 万歩計 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちばんさいしょの算数 (1)たし算とかけ算:

« 風味絶佳 | トップページ | 万歩計 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ